生き物美学

魅力的な生物をどんどん紹介していきます。リクエストも受付中。カテゴリは絶滅種と現存種に分け、三界説によって分類し、動物界を脊椎動物と無脊椎動物に分け、脊椎動物を五種類に分けています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

16,ピグミージェルボア



第十六回の今回はピグミージェルボアを紹介します。
ピグミージェルボア
画像はhttp://matome.naver.jp/odai/2134625988807428101/2134642576522054203より



ピグミージェルボアはかわいいと噂の動物です。



しかし、僕はかわいいとは思いません。



身体のバランスが好みではないです。



身体は500円玉サイズで尻尾は長いです。



ピグミージェルボアは尻尾に脂肪を蓄積します。



それはピグミージェルボアが砂漠の生き物だからです。



ペットショップでも購入できるよるなので、興味のある人は一度見てみてはどうでしょう。
ブログランキングNo.1]
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




幹細胞のチカラでエイジレスな肌へ
スポンサーサイト
  1. 2012/09/26(水) 20:24:59|
  2. 哺乳類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10,イッカク



記念すべき第十回となった今回はイッカクを紹介します。
イッカク
画像はhttp://nationalgeographic.jp/nng/magazine/0708/feature02/gallery/13.shtmlより



イッカクはなんといってもあの長い角が特徴。



しかし、実はこれは角ではなく牙。



歯が変形したものなのです。



しかも大半が中空で脆いのです。



もっているのはオスがほとんどでメスは3%程度に生えるそうです。



さらに0.2%程の確率で2本牙をもっている個体もいるそうなので、ぜひ見てみたいです。



この牙の主な用途として、メスをめぐる争いで使用します。



しかし、殺し合いではなく長さを競うとのこと。



平和的ですね。



さらに高度な感覚器官としての用途もあります。



この牙を空中に掲げることで温度や気圧を感じることができるのです。



しかし、残念なのは折れたら二度と再生しないこと。



家にイッカクの角を飾ってみたいという願望もあります。
ブログランキングNo.1
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  1. 2012/09/17(月) 17:16:16|
  2. 哺乳類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

9,アダックス


第九回目の今回はアダックスを紹介します。
アダックス
画像はhttp://ja.northrup.org/photos/screwhorn-antelope/より



アダックスは絶滅危惧種です。



人間により数を減らされました。



主な原因として食料、毛皮としての乱獲と観光客による撹乱です。



個体数が少ないので近親交配も懸念されていたりします。



アダックスかっこいいですよね。



かっこいいポイントは僕の中では2つあります。



一つ目がアダックスの特徴でもあるねじれたツノです。



僕はこのねじれ方が好きです。



栓抜きのようなねじれ方ですよね。



二つ目が顔に入ったX字状の白い斑紋です。



もう少し目立つものがみたいですけどね。



みなさん、生き物は大切にしましょう。
ブログランキングNo.1
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  1. 2012/09/16(日) 17:45:24|
  2. 哺乳類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。