生き物美学

魅力的な生物をどんどん紹介していきます。リクエストも受付中。カテゴリは絶滅種と現存種に分け、三界説によって分類し、動物界を脊椎動物と無脊椎動物に分け、脊椎動物を五種類に分けています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

17,竹


第十七回の今回は竹を紹介します。
竹(1/2)
画像はhttp://jyueyau.pixnet.net/blog/post/28886091-%E5%8F%B0%E7%81%A3%E7%AB%B9%EF%BC%81%E3%80%80%E7%92%B0%E4%BF%9D%E6%9D%90%E6%96%99%E6%96%B0%E5%AF%B5-%3C01%3E%E3%80%80%E7%AB%B9%E6%9D%90%E6%96%99%E4%BB%8B%E7%B4%B9



竹は日本人にとってなじみの深い植物ですよね。



僕も幼いころ竹林で遊んだりしたものです。



竹が花を咲かすことはご存じですか。
竹(2/2)
画像はhttp://blog.goo.ne.jp/miracle_nature_amami/e/780a8760bd0f45a9cde4a030e28794ecより



これはモウソウチクの花です。



地味な花ですよね。



こういう花は好きです。



これよりもきれいな竹の花はいっぱいありますよ。



竹の花は数十年の周期で咲きます。



ある実験でモウソウチクの苗を様々な地域に一斉に植えたところ、どのモウソウチクも同じ年に花が咲いたそうです。



環境に影響されないってすごいですよね。



ではなぜ竹は開花周期が長いのに毎年タケノコはみつかるのか。



竹林を構成する竹は地下茎でつながっています。



タケノコは親と同じ個体でもちろん地下茎でつながっています。



地下茎により栄養をもらい、大きな竹に光をさえぎられて成長できないこともありません。



話は変わりますが、竹は成長が早いことで有名ですよね。



この早さの秘密は節にあります。



節の上部には活発に分裂する細胞の層があり、各節の間が伸びます。



身近なところにもおもしろい生き物はいるもんですね。
ブログランキングNo.1
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




「月桃」「柿渋」「ミョウバン」「竹炭」の総合力で加齢臭を洗い流す!
スポンサーサイト
  1. 2012/09/27(木) 16:59:00|
  2. 植物界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<18,ムラサキシャチホコ | ホーム | 16,ピグミージェルボア>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://favoritesciencenews.blog.fc2.com/tb.php/17-dbf941c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。