生き物美学

魅力的な生物をどんどん紹介していきます。リクエストも受付中。カテゴリは絶滅種と現存種に分け、三界説によって分類し、動物界を脊椎動物と無脊椎動物に分け、脊椎動物を五種類に分けています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5,モルフォ蝶



第五回目の今回はモルフォ蝶を紹介します。
モルフォ蝶
このモルフォ蝶は僕が初めて美しいと思った生き物です。



幼いころに図鑑を見ていたら一際輝く生き物がいました。



それがモルフォ蝶でした。



欲しいとは思いましたが飼いたいとは思いませんでした。



標本が欲しいかったのです。



しかしモルフォ蝶の標本は腹部が取り除かれているものが多いのでいつか完全な形のものがほしいです。



モルフォ蝶もメスはオスより地味な色の方が多いらしいです。



しかも美しい青の部分は片面だけで、裏側は地味な茶色等の色なのです。



素早く不規則な軌道を描く飛行なのも魅力的ですね。



しかし美しい容姿とは裏腹に食物は腐った果実や動物の死骸を好むらしいのです。



実に残念です。



優雅に花の蜜を吸ってくれれば絵になるのに、と思ったりします。



そしてうれしいニュースがあります。



松井真二教授がモルフォ蝶の美しい青色を世界で初めて人工的に再現したのです。



羽の表面の構造をシリコン基板上にナノテクノロジーを駆使し、真似ることで表現しているとのことです。



この美しい色が身近なものになってほしいですね。
スポンサーサイト
  1. 2012/09/12(水) 17:06:20|
  2. 無脊椎動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<6,ニセハナマオウカマキリ | ホーム | 4,プラナリア>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://favoritesciencenews.blog.fc2.com/tb.php/5-5931b900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。